せいの歯科クリニック

せいの歯科クリニック|愛知県清須市|予防歯科、定期健診、一般小児歯科、
歯のことなら当院へ

須ケ口駅のせいの歯科クリニック/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

クリニックから皆様へ

診療のご案内

インフォメーション

問い合わせ

 

E-PARK 病院

 

HOME»  歯の常識・非常識»  歯科コラム»  唾液の役割について

唾液の役割について

唾液の役割について

唾液の役割について

今回は「唾液の役割」についてお話します。
唾液は、1日に1000~1500mlほど分泌されます。唾液には、健康に関わるさまざまな働きがあります。

【唾液の働き】

●消化を助け

唾液に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素の働きによってデンプンを分解、消化を助けます。

●洗浄作用
食べ物のカスや、細菌、歯に付着したプラークを洗い流し、お口の中を清潔に保ちます。

●抗菌作用
口の中には多くの細菌がいますが、唾液内の成分が細菌の増殖を防ぎます。

●粘膜を保護
食べ物を滑らかにしたり,粘り気を出して口の中の粘膜や舌が傷つかないようにしています。
口の中の粘膜を保護し、そしゃくや飲み込みを助けます。

●お口の乾燥防止
口の中を湿らせ、なめらかにし、発音をスムーズにします。

●むし歯を防ぐ
口腔内の酸を中和して、脱灰を止める働きと、唾液中のカルシウムイオン、リン酸イオンが歯に沈着して再石灰化する働きで、むし歯を防ぎます。

このように唾液には、歯だ
でなく体の健康に関わる様々な働きがあります。
よく噛むと唾液がたくさん出ます。
逆に、唾液の分泌量はストレスや疲れ、加齢、薬の副作用などで減少することもあります。
よく噛む食事を心がけ、唾液をたくさん出して全身の健康を保ちましょう。

また、睡眠中は唾液の分泌が少なくなりますので、就寝前の歯磨きは忘れずに行いましょう。  

2018-09-10 13:33:10

歯科コラム   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント