• 診療時間
    9:30~12:30/14:30~18:00
    土曜午後は15:30~17:30
    休診日
    木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ

ホワイトニング・審美治療

輝く美しい歯を
取り戻しましょう

タレントやスポーツ選手の歯がとても白いと思ったことはありませんか?白く美しい輝く歯は世界中で憧れの的。どうしてでしょうか?年齢や男女を問わず、

  • 美しい笑顔のため
  • 健康的
  • 若さ
  • 富の象徴 など

そうです、あなたの魅力をより一層引き出すことができるからです。
歯をできるだけ削らずに白い歯を手に入れられたら、可能な限り痛みや経済的負担の少ない方法があったら、どんなにすばらしいでしょう。

当院のおすすめ、デュアルホワイトニング

ホワイトニングには、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2種類があります。
まずは受診していただき、基本的な清掃を行ったうえで薬剤と紫外線照射を行う方法を「オフィスホワイトニング」といい、 歯科医院で製作したトレーと薬剤を使用しご家庭で行うホワイトニングを「ホームホワイトニング」といいます。
当院では、安全性とより確実性の高い方法としてこの2種類のホワイトニング方法を並行して行う、「デュアルホワイトニング」を取り入れています。
急速に白くすることはできませんが、ご自分のペースでゆっくりと歯を白くしていくのは楽しいものです。多少の努力は必要ですが、リピーターが多いことから、皆様にきっと満足していただけると思います。

デュアルホワイトニングのメリット・デメリット

  • メリット

    • 濃度の低い薬剤を使用するため、安全で痛みもありません。
    • 透明感のある自然な白さが長持ちします。
    • ご自身で白さをコントロールできます。
  • デメリット

    • 自費診療のため、保険診療と比較すると費用が高くなりがちです。
    • 効果が永続的ではないので、コーヒーやお茶などの摂取で再着色してしまう可能性があります。
    • 効果に個人差があります。

施術料金(税込)

上下顎 38,500円
上下いずれか片顎 22,000円

ホームホワイトニングの流れ

  • Step01

    まず歯と歯肉が健康な状態であるか検診します。
    過去に入れた詰め物を取り替えたり、むし歯の治療が必要な場合もあります。
    そして型を取ります。

  • Step02

    作製した患者さん用トレーにジェル剤を流し込みます。

  • Step03

    歯を磨き、トレーを口に入れます。
    トレーの端を歯に合わせます。

  • Step04

    清潔な指か、やわらかい歯ブラシで余分なジェル剤を取り除きます。
    口を2回すすぎます。
    注意:すすいだ水は飲み込まないでください。

  • Step05

    この状態で就寝します。

    Step06

    以上のステップを、お好みの白さになるまで繰り返します(通常1~4週くらいです)。

審美治療~なるべく金属を
使わない治療

「口をあけた時に、金属の詰め物が気になる」
「前歯の色・形が気になって、笑顔に自信がもてない」
そんな不安はありませんか?
最近は、「一般的な歯科治療に加え、口元を美しくしたい」などの理由で歯科医院をおとずれる患者さんも増えてきています。
また、むし歯などの治療を行う場合も、より自然で美しい治療結果を望まれる傾向にあるようです。
なるべく金属を使わない治療をすることで、最近増加傾向にある金属アレルギーの予防効果や対策にもなることがわかってきています。
患者さんそれぞれの噛み合わせや歯の状態などで、使える材質や方法もさまざまですので、ご希望や興味のある場合は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

前歯の修復編①

むし歯に侵された箇所を、必要最低限きれいに削って掃除し、接着剤とコンポジットレジンという、樹脂とセラミックの粉でできた材料でピタリと詰めてしまいます。通常、保険が適用できるので、治療費も安くすみます。
ただし、むし歯が広範囲に広がっていたり、歯根まで炎症が進んでいたりした場合は、コンポジットレジンによる治療は向きません。広範囲の治療に適応できるほどの強度はコンポジットレジンにはないからです。その際は残念ですが、むし歯による炎症を取り去ったあと、被せ物を製作し装着することになります。
ふだんから歯科医院で定期健診を受けていると、むし歯を早期に発見、あるいは予防することができるでしょう。

前歯の修復編②

前歯が大きくむし歯に侵されてしまった場合、コンポジットレジンで修復することは残念ながら強度の点で問題があります。そのため、歯と同じ色のクラウンを製作して装着することになります。前歯の治療は、歯の治療の中でも、もっとも審美性が要求されます。自然で美しく、長持ちするものが理想でしょう。クラウンを作る際には、いくつかの材料から選ぶことができます。

  1. 保険でできるプラスチック
  2. 金属のフレームにセラミックを吹き付けて強度をもたせたメタルボンド(自費治療)
  3. すべてをセラミックで作ったオールセラミック(自費治療)

などがあります。また、オールセラミックよりもさらに強度が高く美しい、ジルコニア(自費治療)も徐々に用いられるようになってきました。

ところで、セラミックを用いたクラウンは、保険のプラスチックのクラウンとどこが違うのでしょうか。
セラミックは色・ツヤともに本物の歯に近い自然な美しさに仕上がる素材です。また、着色しにくく、美しさと自然さを治療後長く保つことができます。それに対し、保険のプラスチックは、時間が経つにつれて汚れがつきやすくなります。そのため、治療内容自体の精度は同じでも、素材の違いが審美的な治療結果の違いとなってしまいます

奥歯の修復編

いま、前歯だけでなく奥歯も、白く美しい歯に修復したいと希望なさる患者さんが増えています。その場合、セラミックでできた詰め物に替えると、白くきれいな歯が戻ってきます。治療が必要になった際に「せっかくなら」とセラミックにする患者さん、さらには「前に入れた目立つ詰め物がいやだから」とわざわざ替えたいと希望する方もいらっしゃいます。
セラミックの最大のメリットは、仕上がりが美しいことです。いま、審美治療として大変注目を集めています。

  • Step01

    奥歯に金属のクラウン(被せ)とインレー(詰め物)が入っていました。口を開けると見えてしまうので気になっていました。

  • Step02

    大きさを変えずにセラミックのクラウンとインレーに変えました。かなり目立ちにくくなりました。

セラミックインレーを用いた臼歯歯冠修復例

  • Step01
    術前

    以前のむし歯治療で金属の詰め物が入れてあります。

  • Step02
    インレー除去後

    外してみると中にもむし歯ができていました。

  • Step01
    インレー形成後

    むし歯部分を取り除き、型取りをします。

  • Step02
    セラミックインレー接着後

    セラミックの詰め物を作って接着します。色・形ともにピッタリ合っています。

『nico』 7月号より引用

審美治療のデメリット

  • 自費治療になるため、保険診療に比べ費用が掛かります。
  • 審美治療を行う前に歯を削ったり、別の治療を必要としたりする可能性があります。
  • 補綴物は材質や種類により、見た目や強度に差が出ることがあります。
  • 補綴物は患者さんによっては使用できない素材があります。
  • 補綴物が硬過ぎると、噛み合わせたときに歯肉や天然歯を傷つける場合があります。
  • 審美治療で使用する薬剤が患者さんによっては痛みを感じたり、しみたりする場合があります。

施術料金(税込)

オールセラミック(クラウン) 99,000~110,000円
メタルボンド 88,000~99,000円
ゴールド 66,000円
セラミック(インレー) 55,000~88,000円
ハイブリッド(インレー) 22,000~44,000円
ファイバーコア 11,000円
052-401-4618
アクセス

ページトップへ戻る