• 営業時間
    9:30~12:30/14:30~18:00
    土曜午後は15:30~17:30
    休診日
    木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ

予防・定期健診

むし歯になる前に
予防することが大切

「早期発見」「早期治療」などはよく耳にする言葉です。これは何もガン治療のみに限ったお話ではなく、すべての病気に言えることです。そのために、最近では成人のメタボリック検診等が行われています。「病気になりやすい、身体の状態や生活習慣を改善してゆく」ことで、重篤な病気になるのを防ぐのがその目的です。
同じことが、歯科でもあてはまります。
これまでの歯科治療では、歯が痛くなったら歯科医院に行き治療し、それが治れば通院も終了でした。しかしこれでは、歯周病やむし歯になりそうな環境の改善や、早期発見はできず、症状がひどくなってから治療が始まるため、患者さんの負担も、治療期間も長くなってしまいます。

そういったことを防ぐために、定期的な検診をしていただき、口腔内の清掃をメインとした歯周病・むし歯予防をしていただきたいと考えています。
治療を終了した患者さんはもちろんのこと、自分は健康で自覚症状のない方でも、検診を行い、お口の状態や問題点があれば、患者さんと一緒に解決していきたいと考えています。
難しく考えることはありません。何ヶ月に1度、髪を整えるため美容院に通うような感覚で訪れていただければいいのです。あとは、歯科医師、歯科衛生士による専門のケアを提供していきます。気楽に、気軽に予防歯科を受診してみてください。

予防メニュー

【成人】

  • お口の中の検査
  • PMTC
  • 歯石除去
  • ブラッシング指導

【小児】

  • お口の中の検査
  • PMTC
  • 歯石除去
  • ブラッシング指導
  • フッ素塗布・シーラントなどむし歯予防処置

PMTCとは

Professional Mechanical Tooth Cleaning
<定義>
「特別な訓練を受けた歯科衛生士あるいは歯科医師などの専門家による歯肉縁上ならびに歯肉縁下1~3㎜のプラークをすべての歯面から、機械的な電動機具とフッ素含有研磨用ペーストを使って選択的に除去すること。」
ホームケアで磨きにくいキーリスク部位(主に歯間隣接面)について、専用の機材を用い、歯科医院において重点的にクリーニングするのもテクニックです。
定期的に行うことによって歯周病やむし歯の進行を防ぐことができます。

PMTCで得られる効果

  • 歯周疾患の改善(歯肉縁下のプラークを完全に除去し、歯肉炎の症状を改善する)
  • う蝕の予防、バイオフィルムを破壊し、プラークの再付着を防ぐ。
  • 歯質の強化(フッ化物入りペーストやジェルを用いることで再石灰化を促進し、歯を強化する)

バイオフィルム

普段歯磨きによって落としきれない歯垢は、細菌とくっつき歯ブラシでは落とすことの出来ないバイオフィルムというすみかを形成します。このバイオフィルムはお口の中のpHを酸性にし、う蝕・歯周病をより起こしやすい状態に変えてしまいます。
PMTCは、歯ブラシでは落としきれないバイオフィルムや歯のいたる所の汚れ・着色を落とし、歯ぐきのマッサージ・歯面のマッサージ・歯面の研磨・う蝕予防のフッ素塗布まで痛みを感じず、リラックスした雰囲気で行わせていただきます。

定期健診を
すすんで受けましょう

当院では、1~6ヶ月に一度の間隔で定期健診を行っております。
その間隔については患者さんのお口の中の状況、お子さんにおいては歯のはえる時期や、はえ変わりの時期などを考慮して決めております。
もちろん患者さんのご希望もありますので、その辺りは柔軟に考えていただいて構わないでしょう。無理なくできることが重要です。

定期健診の重要性

グラフを見ると、定期健診を受けていた方と、そうでなかった方の80歳になったときの歯の本数は2倍以上の差があります。
歯科医院の利用の仕方によって、これほどまでに差が出るものなのです。

健康な歯がたくさんある人の方が、トータルの医療費が少ないことがわかっています。すなわちお口の健康は医療費の抑制だけでなく、全身の健康につながるのです。
「80歳で20本以上歯を残す」(8020運動)というのはもちろんのこと、「80歳になっても20歳のお孫さんと一緒の食事が食べられる」ことが私たちの目標だと思います。この目標を実現するためには、毎日の丁寧なブラッシングの他に、プロフェッショナルが行うクリーニングが必要となります。
いかがでしょうか?歯の治療はもちろんのこと、メンテナンスの大切さがわかっていただけたらとてもうれしいです。

052-401-4618
アクセス

ページトップへ戻る