• 営業時間
    9:30~12:30/14:30~18:00
    土曜午後は15:30~17:30
    休診日
    木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ

顎関節症

顎の周りに違和感があるときは

口を大きく開けようとしたり、くいしばったりする時に、耳の辺りや、顎の関節あたりが痛くなることはありませんか?他にも、「口を大きく開けようとするとコクッ・ポキッと音がする」「どこだか分からないんだけど、歯ぐきや頬の辺りが痛い」「朝や夕方は口を大きく開けると痛いので、思い切って開けるのが怖い」など。 ひどくなると、口が痛くて開けられない、などという場合もあります。そんな症状がある場合は顎関節症の疑いがあります。

顎関節症とは、さまざまな原因で顎の関節部分の動きがスムーズにいかなくなり、関節部やその周囲の筋肉に痛みや、コリが発生している現象のことをいいます。原因はいろいろで、多くの場合いろんな要素が複合されていますが、発症するキーポイントとして、ストレスが大きな要素を占めています。そのため軽度なものも含めると、顎関節症の人はかなり多いと言われています。

原因

  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 精神的なもの(ストレス等)
  • 噛み合わせ
  • 頬杖をつくなどの癖
  • 顎関節への過剰な負担

症状

  • 口を開けたり閉じたりすると「ポキッ」と音が鳴る(クリック)
  • 口が開きにくい・開かない(ロック)
  • 口を開けたり、ものを食べたりすると顎関節部に痛みがある

※痛みがあったりロックがある場合には、積極的な治療が必要

治療法

  • スプリント療法
  • 薬物療法(非ステロイド系抗炎症薬・中枢性筋弛緩薬・抗不安薬など)
  • 運動療法(筋マッサージ・顎関節可動化訓練・生活指導など)
  • レーザー照射法
  • マニピュレーション法

顎関節症は、痛みのひどくない場合、どこが痛いかわからなかったりします。
また、「口が痛くて開けられない」など、ひどい症状が出現すると大変不安になったりしますが、大抵の場合、症状は徐々に軽減されていきます。
不安な場合は、当院へ気軽に相談してみてください。精神的な安心が早期治癒の鍵だったりもします。

スポーツ用
各種スプリントについて

当院ではスポーツをされる方にお使いいただける各種スプリント(マウスガード)を取り扱っています。とくにラグビーやアメリカンフットボールのような人とぶつかることの多いスポーツや、野球・ウェイトリフティングといった歯を噛みしめることの多いスポーツをされる方がよく使用されています。
実は、スポーツのケガにおいて、そのおよそ30%は口に関するケガと言われています。スポーツ用のスプリントを装着していれば、強い噛みしめや衝撃から歯を保護することができますし、また、しっかり噛みしめることができることで、パフォーマンスも向上するというメリットがあります。
ご興味がありましたら、ぜひ当院までお問い合わせください。

料金(税込)

スポーツ用スプリント 6,600~8,800円


 

052-401-4618
アクセス

ページトップへ戻る