• 診療時間
    9:30~12:30/14:30~18:00
    土曜午後は15:30~17:30
    休診日
    木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ

歯科口腔外科

安心していただくための
しっかりした体制

当院では、愛知学院大学歯学部付属病院より、口腔外科専門医が月に2,3回の頻度で来院し、
診療を行っております。

診察日の相談、診察希望のある患者さんは院長かスタッフまでお知らせください。

【提携近隣1次医療機関】

稲沢市民病院/第1日赤病院(中村日赤)/済生会病院/愛知学院大学歯学部付属病院/小牧市民病院

歯科口腔外科と聞くとみなさん凄く怖い、切ったり縫ったりするの?というイメージを持たれると思いますが、実際に口腔外科分野は、そういう治療ばかりではありません。
親知らずの手術以外にも、親知らずの痛みや、顎がカクカクと音がするなどの症状がある方はぜひご相談ください。
時間はかかると思われますが、ご一緒に治療を進めて行きましょう。歯科に関連した、日帰りで行えるお口の中の小手術を行います。
局所麻酔下で行いますので、帰りにふらふらしたりすることはありません。

対応症例

抜歯の必要性のある、親知らずの抜歯

「親知らずがはえてきて痛む」「親知らずができてきて、手前の歯に穴を開けてしまった」
「親知らずが歯ぐきや頬の粘膜に食い込んで痛い」「歯並びがかわってしまった」
など、抜歯する必要性のある親知らずは結構あります。
当院でそのような親知らずの抜歯を行います。歯ぐきの中に埋まっているもの、横に向いてはえているものなどの抜歯も専門医が施術します。
とくに今は症状のない親知らずでも、今後問題が出そうなものや、妊娠・海外への出張・受験などを控えている方は、早めに抜歯をしておいたほうがよいでしょう。

歯並びに悪い影響をおよぼす埋伏歯の抜歯

「乳歯が抜けて1年もたつのに永久歯がはえない」「永久歯の間があいていて閉じない」などの症状がある際は、骨の中に余分な歯が埋まっている場合があります。そのような歯を発見し、抜歯を行います。

小帯の切除と形成

歯ぐきと唇やほっぺたの粘膜を、繋いでいる細い糸のようなものがあるのをご存知でしょうか。これを、小帯といいます。これのくっついている位置が悪いと、歯並びや発音に影響がでてきます。良くない位置にある小帯を切除し、望ましい位置に形成しなおします。
乳幼児で、検診などで指摘された場合は、当院にご相談ください(手術の必要性、やるならばその時期などについて、診断いたします)。

外傷

「歯をぶつけてしまい、グラグラになった」「抜けてしまった」「唇や舌を切ってしまった」など緊急の場合の処置なども行います。

その他手術

舌や粘膜にできたできものの切除、インプラントの埋入など、入院の必要性のない口腔内の小手術を行います。
また、「顎を開けたり噛みしめると痛む」「音がする」などの症状として現れる、顎関節症の治療も専門的に行っています。

052-401-4618
アクセス

ページトップへ戻る