• 営業時間
    9:30~12:30/14:30~18:00
    土曜午後は15:30~17:30
    休診日
    木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ

義歯(入れ歯)

思いきり噛める喜びを
取り戻しましょう

歯を失ったときはブリッジやインプラントなどの対応策もありますが、入れ歯は治療が比較的早いことや、複数の歯を失ったときに対応しやすいといったメリットがあります。一方、デメリットとしてはあごの力が伝わりにくく、硬いものが噛みにくいこと、異物感があることなどがあげられます。
当院は費用負担が少ない保険診療の入れ歯も扱っていますし、見た目の良さや機能の高さを持つ自費診療の入れ歯の作製も得意としています。
いずれの選択をされた場合も、状況が許す限りフィット感が高い入れ歯を作製しますので、入れ歯を作る際はぜひ当院にご相談ください。

当院で扱う
自費診療の義歯(入れ歯)

当院のおすすめ、ノンクラスプデンチャー

保険診療の範囲で部分入れ歯を作る場合、入れ歯を固定するための金属の留め具(ばね)が必要となります。この金属の留め具部分は多くの人にとって見た目のストレスを生む原因となっており、せっかく作製したのに「入れ歯をつけたくない」、「人前に出たくなくなった」といった方も少なくありません。
保険診療は使用できる素材が限定されているので、当院の意思で材料を変えることはできません。しかし、自費診療の範囲であれば、ノンクラスプデンチャーという金属の留め具が無い入れ歯を作ることができます。
ノンクラスプデンチャーは、残存歯に引っ掛ける部分を歯肉とほぼ同色のプラスチックで作るので、見た目の違和感が非常に少ない特徴を持っています。また、柔軟性があって壊れにくいメリットもあります
日本では比較的新しい選択肢ですが、アメリカでは50年以上も前から作られているので実績が豊富な点で安心感もあります。
興味がある方には詳しく説明しますので、お気軽にお問い合わせください。

その他の自費診療の入れ歯

金属床義歯

平らな部分を金属で作った入れ歯です。金属の強度を活かして、プラスチックの入れ歯より非常に薄く作ることができるので、装着時の違和感が少ないメリットがあります。また、金属は熱を伝える性質が優れているので、食べ物の温度を感じながら食事ができるのも大きな利点です。

磁石式入れ歯

歯の根に磁性体の金属を埋め込み、磁石を組み込んだ入れ歯を作製して磁力で吸着させます。高い磁力で保持するので、歯ぐきに乗せるタイプよりずれにくく、歯にやさしいメリットがあります。

施術料金(税込)

ノンクラスプデンチャー 85,000~275,000円
金属床義歯 275,000~330,000円
磁石式入れ歯 110,000~291,500円

保険診療と自費診療の違い

入れ歯は保険診療の範囲で作ることもできます。保険で作る入れ歯は使用できる素材が決まっているため、フィット感が低いことや見た目の違和感があることなどのデメリットは存在しますが、費用負担が少ない利点があります。
一方、自費診療なら材料や作り方に制限がないので、見た目の美しさやフィット感の良さなど、機能を追求することが可能です。

※右にスクロールできます

メリット デメリット
保険診療の入れ歯
  • 費用が比較的安価
  • 比較的短期間での治療が可能
  • 簡単に修理ができる
  • 床が厚く大きめなので装着した時に違和感がある
  • 口を大きく開けたとき、金属のバネが見えてしまうことが
    ある(部分入れ歯の場合)
  • 口に入れた食べ物の温度が分かりにくい
自費診療の入れ歯
  • 自然な見た目に仕上げることが可能
  • 食べ物の温度を感じられるようにできる
  • 噛みごたえを感じることができる
  • 全額自己負担なので費用が高額になる場合がある
  • 作製する際に時間がかかる場合がある
  • 修理や調整が難しい場合がある
052-401-4618
アクセス

ページトップへ戻る