• 営業時間
    9:30~12:30/14:30~18:00
    土曜午後は15:30~17:30
    休診日
    木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ

コラム~歯の常識・非常識

「親知らず」について

こんにちは。
今回は親知らずについてお話します。

親知らずとは、前歯から数えて8番目の歯、一番奥の大臼歯のことです。
多くの方は15~20歳頃に生えてきますが、親知らずがもともと存在しない方、生えて来ない方もおられます。

「親知らずはいらない歯?抜いた方が良い?」とご質問をいただくことがあります。

親知らずはきれいに生えないことも多いため、歯磨きがうまくできず虫歯になったり、
歯肉が腫れてしまったりすることもあります。
自分では生えていないと思っても、歯肉の中に埋まっているケースもあります。

=親知らずを抜いた方がいい場合=

●親知らずのむし歯・歯周病がひどい場合
●生え方によって、歯みがきができず、むし歯・歯周病になりやすい場合
●親知らずがあるせいで手前の歯が虫歯や歯周病の危険にさらされる場合
●親知らずのせいで噛み合わせのバランスや、歯並びが悪くなってる場合
●親知らず周辺の、歯ぐきの腫れや、痛みを繰り返している場合

親知らずは必ず抜かなくていけないモノでは、もちろんありません。
綺麗に磨けていて、症状が特にないような場合、抜歯する必要は全くありません。
しかし症状が全くなくても、いつの間にか手前の歯を侵食してしまっていたり、
放置すると歯並びに悪影響を与えたりするようなケースもよく見られますので要注意です。

痛みや腫れがある場合はもちろん、定期健診のついでにでも気になる場合はご相談ください。

なお当医院では、月に3・4日口腔外科専門医が診察を行います。
親知らずなどに関して詳しくお聞きになりたい方は、気軽にお声かけください。

052-401-4618
アクセス

ページトップへ戻る