• 営業時間
    9:30~12:30/14:30~18:00
    土曜午後は15:30~17:30
    休診日
    木曜・日曜・祝日
  • お問い合わせ

コラム~歯の常識・非常識

歯周病と女性ホルモンの関係性

CMなどでもよく「歯周病」という言葉を耳にしますが、自分には関係ないと思っていませんか?

歯周病は自分でも知らず知らずのうちに進行し、放置してしまうと、次第に歯がぐらぐらと動き出して、最後には自然に抜け落ちてしまう病気です。
また、歯周病は女性と深く関係していることもわかってきました。

<女性がかかりやすいのは何故?>

女性が男性より歯周病にかかりやすい理由として、プロゲステロンやエストロゲンなどの女性ホルモンが大きく関わっていることがあげられます。
女性ホルモンは女性らしい体つきや髪の毛の育成などに関わる性ホルモンとして知られていますが、歯茎の腫れや出血を起こしやすくする性質があるのです。

<女性が歯周病になりやすい時期>

1、初潮を迎える思春期
この時期は女性ホルモンが多量に分泌され、ホルモン性歯肉炎という炎症を起こしたりします。
この炎症が悪化すると歯周病に進行する可能性があります。

2、妊娠時
妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンの増加で、歯肉が刺激に敏感になりこの時期にケアが悪いと歯周病にまで悪化します。
また、妊娠中に歯周病を起こすと早産しやすくなり、低体重児出産のリスクが、歯周病を治療した妊婦に比べて約6倍にまで高まってしまうという研究もあります。
母体と子供の健康を維持するためにも、妊娠中は歯周病予防にも十分に気を使いましょう。

3、閉経・更年期
体やホルモンの変調が何かとある時期で、精神的ストレスもたまり、また閉経後は骨粗鬆症が進むため歯を支える組織が急激に破壊されることも関係しているようです。

<日常の予防方法>

歯周病の確実な予防法は、まず生活習慣を見直すことです。
毎日欠かさずに歯を磨き歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロスなども併用して口内環境を清潔に保つことが重要です。

しかし自宅でのケアには限界があり、どんなに磨いても歯石は溜まってしまいます。
定期的に歯医者へ行き、検診や歯のクリーニングをしましょう。

052-401-4618
アクセス

ページトップへ戻る